右のボックスに探したいキーワードを入力してください。例えば積丹のうに丼を探したい時は「積丹 うに丼」と入力して検索ボタンを押してください。地名と目的のものを入力すると効果的です。注意:「うに」は「ウニ」のようにカタカナの場合もあります。その他のキーワードも平仮名やカタカナ、漢字があるものは注意してください。
ホーム » 小樽市, 小樽市>遊ぶ, 小樽市>遊ぶ>博物館・美術館・資料館

小樽市>遊ぶ>博物館・美術館・資料館  12 件

昭和12年から18年まで3歳から9歳にかけて小樽で過ごしその後も終生小樽を「ふるさと」として愛した石原裕次郎を記念して建てられた施設。1階は石原裕次郎の足跡を映...続きを見る

個性的な東欧の画家の作品を数多く展示している。スタシス(ポーランド)・ヴィルコン(ポーラント)・ブルノフスキ(スロバキア)と、小樽生まれの画家、森ヒロコの作品を...続きを見る

設計者は日銀本店や赤レンガの東京駅を設計した辰野金吾である。煉瓦造でありながら外装を石造りの装いにまとめている。中世風のこの建物はドームの曲線と重厚な外観がよく...続きを見る

早くから、北海道の開発拠点として発展した小樽は、特に明治・大正・昭和初期にかけ繁栄しました。同時代に美術・文学など様々な分野で、優れた作家や画家を輩出している。...続きを見る

北海道で、函館についで開かれた小樽は経済の窓口として大変にぎわいました。その中から、小林多喜二や伊藤整を初め、大勢の優れた作家が生まれました。収蔵資料は、展示し...続きを見る

岩永時計店は創業明治29年で全国的に数少ない時計店として栄え、店員で編成した楽団まで持っていたというハイカラな商店でした。平成3年の改修により正面2階のバルコニ...続きを見る

明治初期、小樽で初めて市街地が形成されたのは、この周辺地区です。本指定は3棟の連続する倉庫が対象です。海側の倉庫は、臨港線拡幅工事で一部を切り取られたため、19...続きを見る

明治30年ころ、積丹半島の網元によって泊村に建設された。昭和33年に現在の場所に移転。昭和35年「北海道有形文化財」に指定。ニシン漁や鰊加工に使われた道具類をは...続きを見る

小樽市総合博物館(運河館)  小樽の歴史から、小樽の礎まで幅広く網羅しています。現在、小樽博物館と小樽観光物産プラザとして使用しています。 鉄道、アイアンホー...続きを見る

北海道鉄道発祥の地の総合博物館。鉄道資料を中心に展示。プラネタリウム、科学展示などもある。 簡単な手話 車いす用トイレ 補助犬 乳児対応トイレ 住所:...続きを見る

ヴェネツィアの宮殿をモデルにした展示室で、中世貴族の四季折々の豊かな暮らしや文化をご紹介しています。年4回特別展・企画展を開催し、優れたヴェネツィアガラスの作品...続きを見る

日本スキー界の故郷と言われる小樽。しかもゆかりのこの天狗山頂上に小樽スキーの発達と栄光の歴史と集大成したのが「小樽スキー資料館」であります。天狗山にちなんだ色々...続きを見る